久留米絣織元 下川織物

久留米絣織元 下川織物

シルケット2本合糸ブルー

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
販売価格
2,200円(税200円)
数量
<久留米絣について>

一台のモーターから連結された20台の織機が稼働する昭和のレトロなベルト式の力織機。
昭和23年創業の久留米絣織元です。
日本を代表する伝統的先染め織物です。
手織りに近い柔らかい風合いが特徴。
手作業の工程が多く、30工程以上を2〜4カ月を要して織り上がります。
織り上がった反物は、すべて湯通し自然乾燥にて約1割縮ませて仕上げています。
日本の伝統的な織物でこだわりの一品を制作したい方にぴったりの織物です。



<織りの特徴>

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)に60/2と呼ばれる細番手シルケット加工糸を使用。加えてタテヨコの配色でシャンブレー効果も相まって光沢感のある無地に仕上げた。2本合糸シリーズは、緯糸の巻き方に工夫を加えたオリジナルで独特の織り模様が特徴。
緯糸にうっすらと見え隠れする濃紺のスラブ糸が色の深みを増しています。
経糸:60/2シルケットブルー 緯糸:60/2シルケットブルー 16/1スラブ濃紺
シルケット率75%



<シルケット加工糸について>

シルクのような光沢を持たせる加工のことで主に綿糸を加工する場合が多いです。
海外では、マーセライズド加工(Mercerised cotton)と呼ばれています。
具体的には、糸を苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の液につけて、糸を伸ばすことで
糸の断面を整える加工のことです。発色性が向上することでシルクのような光沢が出るのと
毛羽が少なく弾力性(伸縮性)の少ない糸になります。布そのものの耐久性、耐光性は向上します。

シャンブレー効果により、光の当たり具合や生地の角度によって、色の見え方が異なるため、画像については数多くの撮影の中から厳選して掲載していますが、色の捉え方や生地の見え方、角度により異なる感じがある場合があります。ご了承ください。



<仕様>

タテ糸 60/2
ヨコ糸 60/2 16/1スラブ
生地の厚さ表示 標準
化学染め 100%
綿100%
織幅 約39~40
湯通し天日干し仕上げ(約1割収縮させていますので、ご購入後そのまま裁断縫製が可能です。)



<表示について>

1M単位の切り売り
価格は1Mの単価です。
実物と写真では若干色が違って見えることがあります。

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ホームへ戻る
カテゴリーから探す
グループから探す
ショップについて
お問い合わせ
アカウント