久留米絣織元 下川織物

久留米絣織元 下川織物

ミックススラブ立絣段々濃ブルー

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
販売価格
2,420円(税220円)
数量
<久留米絣について>
一台のモーターから連結された20台の織機が稼働する昭和のレトロなベルト式の力織機。
昭和23年創業の久留米絣織元です。
日本を代表する伝統的先染め織物です。
手織りに近い柔らかい風合いが特徴。
手作業の工程が多く、30工程以上を2〜4カ月を要して織り上がります。
織り上がった反物は、すべて湯通し自然乾燥にて約1割縮ませて仕上げています。
起業者支援の取り組み。
日本の伝統的な織物でこだわりの一品を制作したい方にぴったりの織物です。

<織りの特徴>
久留米絣は、「平織り」と呼ばれる最もベーシックな織り組織で出来ています。
「括り」技法による柄の表現が最大の特徴であるため、その特徴を生かすために
織り組織はシンプルにできていると解釈しています。
「平織り」という織り組織の枠組みの中で経糸と緯糸の密度のバランスに
変化を加えることで経糸と緯糸の色の最適化を図りました。
通常は、経糸の色がより強く反映されますが、この生地の場合、
緯糸の色がより強く反映されるように工夫しながらも
経糸がアクセントになって複雑な色の交差を表現するように工夫しています。
経糸(たていと)に括り技法による絣模様を入れるため、無地系の「ミックススラブ」とは
規格変更しています。柄の表現の自由度を持たせるための選択。

<ミックススラブについて>
無地系のミックスラブとは使用糸番手が違います。
経糸(たていと)に40/2と30/2を使用(柄によっては、40/2のみ)
緯糸(よこいと)に40/2と16/1スラブを使用(柄によっては20/1と16/1ムラ糸を使用)
4種類の糸の交差で生まれるミックス色の最適化を表現
厚みがありながらも柔らかさを保った独特の風合いが特徴。

<仕様>
生地の厚さ表示 厚め+やわらかめ
タテ糸40/2 ヨコ糸16/1ムラ糸 20/1
織幅 約38~39
綿100%

<表示について>
1M単位の切り売りです。
表示価格は1Mの単価です。

実物は画像と若干色が違って見える場合があります。
ご了承ください。

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ホームへ戻る
カテゴリーから探す
グループから探す
ショップについて
お問い合わせ
アカウント