久留米絣織元 下川織物

久留米絣織元 下川織物

ハンプよろけストライプ白グリーン

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
販売価格
3,300円(税300円)
数量
<久留米絣について>
一台のモーターから連結された20台の織機が稼働する昭和のレトロなベルト式の力織機。
昭和23年創業の久留米絣織元です。
日本を代表する伝統的先染め織物です。
手織りに近い柔らかい風合いが特徴。
手作業の工程が多く、30工程以上を2〜4カ月を要して織り上がります。
日本の伝統的な織物でこだわりの一品を制作したい方にぴったりの織物です。

<織りの特徴>
帆布(はんぷ)とは、「綿や麻で織られた平織りの厚手生地のこと」
日本では昔、帆船の材料として使用されていたことから「帆布(はんぷ)と呼ばれています。
帆布生地の用途例としては、かばん、エプロン、靴、椅子の張地など多岐にわたります。
帆布は生地の厚みによって1号〜11号とJIS基準で定められていましたが現在この基準は廃止されています。
下川織物では、「絣織機で織れる帆布」という独自の基準で設定した厚みで織っています。

<ハンプに込めた思い>
「限界への挑戦」を意味している。
久留米絣の「括り」工程で使用する「括り糸」と呼ばれる太番手の特殊な糸を経糸(たていと)に使用して帆布生地を久留米絣織機で開発。久留米絣特有のゆるいテンションで織りあげた柔らかい風合いを保ちながら肉厚のしっかりした生地を織りあげる。織機に使用する歯車を独自に作るなど工夫を重ねることで絣織機では通常限界だと思われた生地を織ることに成功した。未知への挑戦〜成功をイメージしている。

<仕様>
生地の厚さ表示 厚手
タテ糸20/4 ヨコ糸30/2 12/1ネップ
織幅 約39〜40
綿100%
キナリグリーン1301A抹茶白 30/2濃紺12/1キナリ
ハンプは、他の生地と違って湯通ししておりません。ご注意ください。

<表示について>
1M単位の切り売りです。
表示価格は1Mの単価です。

実物は画像と若干色が違って見える場合があります。
ご了承ください。

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ホームへ戻る
カテゴリーから探す
グループから探す
ショップについて
お問い合わせ
アカウント