久留米絣織元 下川織物

久留米絣織元 下川織物

楊柳ストール文人絣

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
販売価格
6,600円(税600円)
数量
<久留米絣について>
一台のモーターから連結された20台の織機が稼働する昭和のレトロなベルト式の力織機。
昭和23年創業の久留米絣織元です。
日本を代表する伝統的先染め織物です。
手織りに近い柔らかい風合いが特徴。
手作業の工程が多く、30工程以上を2〜4カ月を要して織り上がります。

<楊柳(ようりゅう)とは>
綿織物の一種。緯糸(よこいと)に強撚糸(きょうねんし)を使って布面に「しぼ」を出した織物を「綿ちぢみ」といいます。その中でも、タテ方向に「しぼ」を出したものを「楊柳」と呼びます。柳の葉を重ねたように「しぼ」が見えることに由来。

<楊柳の特徴>
・もともとシワの入ったような生地感で弾力性があるため丈夫でもあります。
・生地の凹凸が肌に密着を防ぎ、さらっとした肌触りに。
・吸湿・速乾・清涼感に優れている。

<楊柳の歴史>
安土桃山時代に明(当時の中国)の織工によって日本に伝えられ、高温多湿の日本の風土に合う生地として江戸時代に日本各地で広く普及。

<文人絣(ぶんじんがすり)とは>
書生絣(しょせいがすり)などとも呼ばれ、もともとは男物の着物として親しまれてきました。太宰治など作家さんが好んで着られていたことから、この名前が付いたと言われています。通常、久留米絣は括り(くくり)と呼ばれる技法で柄を作りますが、文人絣は織り貫(おりぬき)、織り締め(おりじめ)などと呼ばれる技法で柄を作ります。一度織った生地を藍で染めて、緯糸をほどいたときに経糸(たていと)と交差した部分が染まらず小さな模様ができることから、この間隔を計算で設計して織るという緻密な技法です。この技法が鹿児島県のほうに伝わって「大島紬」の技術に応用されていったと言われています。

<仕様>
タテ糸 40/2 ヨコ糸 30/1強撚糸
生地の厚さ表示 標準+やわらか
化学染め 90% 藍染め15%
綿100%
織幅 約37僉瞥面効果で30cm程度に縮んでます)
湯通し天日干し仕上げ
ストールの長さ 170cm(フリンジ込み)生地の特性上、若干長さが前後します。

<表示について>
実物と写真では若干色が違って見えることがあります。

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ホームへ戻る
カテゴリーから探す
グループから探す
ショップについて
お問い合わせ
アカウント