久留米絣織元 下川織物

久留米絣織元 下川織物

ネクタイ 片羽ストライプ雲絣

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
販売価格
4,180円(税380円)
数量
<ネクタイの歴史>
ネクタイの起源については諸説ある。現在のネクタイの原型ができたのは17世紀ごろといわれている。日本では1851年にジョン万次郎が長崎奉行所の取り調べを受けた際の所持品の記録に「白鹿襟飾三箇」とあり日本人で最初にネクタイをつけた人物とみられている。

<久留米絣について>
一台のモーターから連結された20台の織機が稼働する昭和のレトロなベルト式の力織機。
昭和23年創業の久留米絣織元です。
日本を代表する伝統的先染め織物です。
手織りに近い柔らかい風合いが特徴。
手作業の工程が多く、30工程以上を2〜4カ月を要して織り上がります。

<襲の色目(かさねのいろめ)>
四季折々の変化をその様相の比喩表現によって色彩として感じ取ってきた日本人が作り上げてきた配色法。歴史的には、袷仕立て(あわせしたて)された衣服の表地と裏地の配色で平安時代に公家の服飾の中から生まれています。下川織物では「襲の色目」をヒントに配色を考えます。それは、つまり日本の四季を織物の中で表現するということ。

<織りの特徴>
片羽(かたは)と呼ばれる並べ方でストライプを作り、緯糸(よこいと)は柄合わせをしないランダム絣を
掛け合わせた。季節によって、様々な表情を浮かべる雲のようなイメージを想像して「雲絣」と名付けた。

<仕様>
タテ糸 30/2 ヨコ糸 12/1ネップ
生地の厚さ表示 標準
化学染め100%
綿100%

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ホームへ戻る
カテゴリーから探す
グループから探す
ショップについて
お問い合わせ
アカウント