久留米絣織元 下川織物

久留米絣織元 下川織物

大正ロマンライトカラー

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
販売価格
2,750円(税250円)
数量
M

<久留米絣について>
一台のモーターから連結された20台の織機が稼働する昭和のレトロなベルト式の力織機。
昭和23年創業の久留米絣織元です。
日本を代表する伝統的先染め織物です。
手織りに近い柔らかい風合いが特徴。
手作業の工程が多く、30工程以上を2〜4カ月を要して織り上がります。
日本の伝統的な織物でこだわりの一品を制作したい方にぴったりの織物です。

<織りの特徴>
緯糸(よこいと)を括り(くくり)技法で柄を作り、専用のシャトルで織る「ヨコ絣」。
花柄や水玉をはじめ、柄の表現の自由度が高く「絵絣(えがすり)」とも呼ばれています。
「トング」と呼ばれる板状の木管に緯糸(よこいと)を柄合わせして巻き、専用の動力織機で柄を微調整しながら織りあげる技術は括り(くくり)機械と括り職人の存在と合わせて、世界的に見ても久留米絣は絣織物の最高峰の技術を現代に受け継ぐ唯一の産地という言い方も過言ではありません。

<市松(いちまつ)柄について>
格子模様の一種で色の違う正方形または長方形を互い違いに並べた模様。
装飾品、工芸品、建築などに古くから用いられてきた縁起柄。
上下左右にどこまでも繋がっていることから子孫繁栄などの意味が込められている。もともとは、石畳模様と呼ばれ文字通り石畳に使われていたが、江戸時代に歌舞伎役者の佐野川市松が衣装の袴にこの柄を用いるようになって人気を博したことから市松模様と呼ばれるようになったと言われている。
時代の変遷によって、変化していったことから下川織物では「出世柄」という意味合いでもこの柄を用いたいと解釈している。

<大正ロマンという柄の名前について>
大正ロマン(たいしょうロマン)は、大正時代の雰囲気を伝える思潮や文化事象を指して呼ぶ言葉である。しばしば大正浪漫とも表記されるが、「浪漫」という当て字は夏目漱石によって付けられたとされる。
19世紀を中心にヨーロッパで展開した精神運動である「ロマン主義」の影響を受け、大正時代の個人の解放や新しい時代への理想に満ちた風潮にかぶせて、このように呼ばれるようになった。
西洋文明を咀嚼して自分たちのものにしよう、日本人らしく取り入れていこうという動き。
新しいものを模倣するだけじゃなく、それまでの日本の文化と融和させる、という考えに感銘し、共感を覚えたときに
瞬間的に頭の中に浮かんだイメージをもとに制作した。

<仕様>
タテ糸 40/2 ヨコ糸 20/1
生地の厚さ表示 標準
化学染め100%
綿100%
織幅 約37
湯通し天日干し仕上げ(約1割収縮させていますので、ご購入後そのまま裁断縫製が可能です。)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ホームへ戻る
カテゴリーから探す
グループから探す
ショップについて
お問い合わせ
アカウント