久留米絣織元 下川織物

久留米絣織元 下川織物

巾着(小)七宝菱形紺

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
販売価格
2,750円(税250円)
数量
<巾着(きんちゃく)について>
「巾」は「頭巾」や「布巾」にも用いられる語で、「布切れ」の意味。 肌身に着けて携帯する布切れ(袋)なので、「巾着」と言うようになった。 火打ち道具を入れた火打ち袋が変化したものといわれ、古くは金銭のほか、お守りや薬、印章なども入れられていた。

<久留米絣について>
一台のモーターから連結された20台の織機が稼働する昭和のレトロなベルト式の力織機。
昭和23年創業の久留米絣織元です。
日本を代表する伝統的先染め織物です。
手織りに近い柔らかい風合いが特徴。
手作業の工程が多く、30工程以上を2〜4カ月を要して織り上がります。
日本の伝統的な織物でこだわりの一品を制作したい方にぴったりの織物です。

<織りの特徴>
動力織機で作るタテヨコ絣は、久留米絣の大きな特徴。
片羽、一羽(かたは、ひとは)と呼ばれる括り(くくり)の技法を用いて立体感を表現。
加えて、「つまみ染め」と呼ばれる手染めの技法でブルーの差し色がアクセント。
現代久留米絣の様々な技法をちりばめて作ってます。

<七宝柄について>
同じ大きさの円、を四分の一ずつ重ねる文様を「七宝文」といい、この文様を
上下左右に規則正しく連続させたものが「七宝つなぎ」と呼ばれる。
円(輪)は、和につながるもので人と人との輪の大切さを表している。
また、この文様が限りなく伸びることから子孫、商売などの発展・繁栄を志向する吉祥文とされている。
また七宝とは仏教の経典<仏説無量寿経>にでてくる七つの宝を指していて
人のご縁や繋がりは、七宝と同等の価値があることを示している。
下川織物ではロゴマークとして採用。

<七宝菱形について>
2019年に東京・京王プラザホテルにて開催した企画展「絣Works」で発表した柄。七宝柄は、下川織物のロゴマークにも採用している思い入れの深い吉祥文様。括り技法による濃淡の表現で「七宝つなぎ」の中に「ロゴマーク七宝」を浮かび上がらせた。4つの重なりは、作り手、伝え手、消費者、関係者の繋がりを表している。つながりがつながりを呼び、大きな環になって広がっていく想いを込めて製作した。

<商品の特徴>
巾着に使用している紐(ひも)は、絣糸を用いて制作したオリジナルの組みひもを使用。巾着に使用した柄は吉祥文様(きっしょうもんよう)と呼ばれ、古来より親しまれてきた伝統柄。柄によっていろんな意味があり、思いのこもった図柄が織り込まれた布を身に着けることで「安心感」「幸福感」「希望」を感じていただきたいとの思いを込めました。自分用としてはもちろん、「ギフト」としても最適です。ギフトの際はオリジナルの包装紙で梱包いたします。

<生地の仕様>
タテ糸 40/2 ヨコ糸 20/1
生地の厚さ表示 標準
化学染め100%
綿100%(紐も綿100%)

<巾着のサイズ>
タテ 23cm
ヨコ 17cm

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ホームへ戻る
カテゴリーから探す
グループから探す
ショップについて
お問い合わせ
アカウント