久留米絣織元 下川織物

久留米絣織元 下川織物

泥藍ぼかし染めスラブグラデーション

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
販売価格
2,750円(税250円)
数量
M
<久留米絣について>
一台のモーターから連結された20台の織機が稼働する昭和のレトロなベルト式の力織機。
昭和23年創業の久留米絣織元です。
日本を代表する伝統的先染め織物です。
手織りに近い柔らかい風合いが特徴。
手作業の工程が多く、30工程以上を2〜4カ月を要して織り上がります。
日本の伝統的な織物でこだわりの一品を制作したい方にぴったりの織物です。

<織りの特徴>
経糸(たていと)は、60/2と呼ばれる細番手の綿糸を使用。繊細で光沢感のある表情が出せます。標準的な織りの組織に比べて立本数を少なくすることで柔らかさを追求。
織りの強度を補うために緯糸(よこいと)は10/1スラブと呼ばれる太くて凹凸感のある糸を使用。平織りの標準的な織り組織に比べてタテヨコのアンバランスな設計。藍染めの繊細で深みのある魅力と柔らかく凹凸感を楽しめる風合いは、テンションを極力かけずに織る久留米絣の整経、織りの工夫により実現できます。

<泥藍染めについて>
福岡県大木町に工房を構える宝島染工さんで染めた経糸は、泥藍のグラデーション染め。
宝島染工さんとのコラボで実現したオリジナルのテキスタイルが完成。
泥染めで下染めした経糸(たていと)にインド藍でグラデーション染め。
天然染めによる「重ね染め」は、非常に手間とコストがかかりますので、糸染めで天然染料の重ね染めは商品化が難しいことを前提にチャレンジした企画。
久留米絣の製法を応用した整経技術により、グラデーションの美しい色の表現がそのまま織り模様として表現できていることも大きな特徴。

<仕様>
タテ糸 60/2 ヨコ糸 10/1スラブ
生地の厚さ表示 標準
経糸(たていと)泥藍染め100% 緯糸(よこいと)化学染め100%
綿100%
織幅 約38
湯通し天日干し仕上げ(約1割収縮させていますので、ご購入後そのまま裁断縫製が可能です。)

<表示について>
1M単位の切り売り
価格は1Mの単価です。
実物と写真では若干色が違って見えることがあります。



カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ホームへ戻る
カテゴリーから探す
グループから探す
ショップについて
お問い合わせ
アカウント