久留米絣織元 下川織物

久留米絣織元 下川織物

タテ文人

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
販売価格
2,200円(税200円)
数量
M
<久留米絣について>
一台のモーターから連結された20台の織機が稼働する昭和のレトロなベルト式の力織機。
昭和23年創業の久留米絣織元です。
日本を代表する伝統的先染め織物です。
手織りに近い柔らかい風合いが特徴。
手作業の工程が多く、30工程以上を2〜4カ月を要して織り上がります。
織り上がった反物は、すべて湯通し自然乾燥にて約1割縮ませて仕上げています。
日本の伝統的な織物でこだわりの一品を制作したい方にぴったりの織物です。

<織りの特徴>
文人絣(ぶんじんがすり)は、書生絣(しょせいがすり)とも呼ばれ、太宰治をはじめ多くの文筆家が着物で愛用したことで知られています。織り貫(おりぬき)技法と呼ばれる特殊技法で柄を作り、括り(くくり)と呼ばれる多くの久留米絣とは異なる技法で柄を作ります。細かい柄を作るには括り技法では限界があります。20本の糸の束を緯糸(よこいと)に通してほどくことを前提にした織り組織でゆっくり織りながらも
しっかりした打ち込みで織ります。これを天然藍で染めた後、ほどいた緯糸(よこいと)にちいさな模様ができます。これを経糸、緯糸に改めて整経して用いることで文人絣は出来てます。
「染めてほどくために一度織る」「文人絣として2度目の織り工程を行う」非常に手間ひまのかかった織物。
立文人(たてぶんじん)は、経糸に文人糸を用いてストライプ様に織りあげた絣。

<仕様>
タテ糸 40/2 ヨコ糸 20/1
生地の厚さ表示 標準+やわらかめ
藍染め 25% 
綿100%
織幅 約38
湯通し天日干し仕上げ(約1割収縮させていますので、ご購入後そのまま裁断縫製が可能です。)

<表示について>
1M単位の切り売り
価格は1Mの単価です。
実物と写真では若干色が違って見えることがあります。

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ホームへ戻る
カテゴリーから探す
グループから探す
ショップについて
お問い合わせ
アカウント