メッシュ織り矢羽こげ茶

<久留米絣について>
一台のモーターから連結された20台の織機が稼働する昭和のレトロなベルト式の力織機。
昭和23年創業の久留米絣織元です。
日本を代表する伝統的先染め織物です。
手織りに近い柔らかい風合いが特徴。
手作業の工程が多く、30工程以上を2〜4カ月を要して織り上がります。
織り上がった反物は、すべて湯通し自然乾燥にて約1割縮ませて仕上げています。
起業者支援の取り組み。
日本の伝統的な織物でこだわりの一品を制作したい方にぴったりの織物です。
<織りの特徴>
織物の一番基本的な平織り(ひらおり)は、他の多くの久留米絣と同様ですが
経糸(たていと)の組織を独自に工夫することで独特の柔らかい風合いに仕上げました。
加えて、緯糸(よこいと)を太番手(ふとばんて)と呼ばれる大きめの糸を使用することで
透け感をなくしています。
やわらかい風合いに仕上げた結果、他の織物に比べてほつれやすい構造になっています。
縫い合わせの際、「かぶせ縫い」や接着芯を用いて補強することをおすすめいたします。
矢絣調に表れる絣模様は、メッシュ織ならではの特徴です。
<仕様>
生地の厚さ表示 やや厚めやわらか
タテ糸40/2 ヨコ糸40/2 10/1スラブ
織幅 約38
綿100%
<表示について>
1M単位の切り売りです。
表示価格は1Mの単価です。

実物は画像と若干色が違って見える場合があります。
ご了承ください。
定価 2,200円(税200円)
販売価格 2,200円(税200円)
購入数


おすすめ商品


七宝銀河脱色

3,300円(税300円)


七宝銀河化学染紺

3,300円(税300円)


立絣水玉片羽ベタ 黒

1,980円(税180円)


ロング市松紺ブルー

2,200円(税200円)


Top